INTERVIEW

FBPグループ代表インタビュー

「国際ビジネス30年以上の経験が息づく独自のコンサルティングノウハウで、企業の持続的な成長と日本経済の活性化に貢献したい。」 FBPグループ代表 / 大石 達也

新たな事業創出につながる仕組みを企業のノウハウとして落とし込む

これまでどのようなコンサルティングを手掛けてきたのですか。

日本企業の海外展開、海外企業の日本市場進出を支援してきた経験とノウハウに基づいて、数多くの国内外企業の新規事業展開、既存事業の見直しによる再構築、事業見直しに伴う組織変革コンサルティングなどを手掛けてきました。

その中身は、主に中堅・中小企業における新規事業創出を念頭に置いた「ビジネスプロデュース」です。幅広いビジネス経験に基づくゼネラリスト的素養を持った「ビジネスプロデューサー」を社内に育てるコンサルティングによって、企業の事業成長を手助けしています。

ビジネスプロデューサーとはどのような役割なのでしょうか。

既存の業界や市場にとどまらず、さらに国内や海外といった枠を取り払って、より高い視点と広い視野を持って事業を見直し、自社の次世代の柱となる新規事業を創出する役割を担うパーソンです。

周知のとおり、少子高齢化に象徴されるように今後の国内市場は縮小を余儀なくされる状況にあり、従来の枠組みだけで企業の成長を見通すには限界があります。従来の概念を取り払い、次の事業の柱になるような新規事業の創出を牽引するビジネスプロデューサーの存在が必要なのです。

当社が行うのは、経営者への意識改革であり、ビジネスプロデューサーの育成を通じて、新たな事業創出につながる仕組みを企業のノウハウとして落とし込むコンサルティングです。大きく分けると、事業成長につなげる仕組みづくりと、現場で運用を支援していく2つのサービスがあります。前者を「FBP成長戦略コンサルティング」、後者は「FBP成長戦略プロデュース」として提供しています。

この一連のプロセスにおいて重要な点は何でしょうか。

私自身がビジネスプロデュースを代行するのではなく、社内に新規事業を担うビジネスプロデューサーを育て、ノウハウを社内に残して企業を成長させていくことです。彼らが社内で独り立ちでき、新規事業を生み出すノウハウがその企業の中に根付いていくお手伝いをすることが大切なのです。

ですからFBPコンサルティングサービスは、プロジェクトの中で発生する作業の代行業務、セミナーや研修、調査・分析に特化した業務、情報やネットワークの紹介などの部分的な業務は基本的にはお引き受けしておりません。企業の持続的な成長をはかるために必要なノウハウを、新たな仕組みとして植え付けていく。この点が、一般的なコンサルティングとは大きく異なる点といえます。

私自身が現場で培った経験と実績が、コンサルティングの源泉

ノウハウの源となっている大石代表のキャリアについて教えてください。

私は国内の大手石油会社に入社後、主に潤滑油部門の海外事業展開に数多く携わってきました。中でも私にとってのビジネスの土台になっている経験の一つが、30代のはじめに経験した、インドでの新規市場展開に際してのビジネスプロデュースです。

最初の1年間で現地の多くの人と会い、新たなコネクションを作りながら提携する相手を選定、2年目は製造行程を整備しながら現場での組織体制を整えていきました。そして3年目に現地での販売をスタート。その過程では多くのトラブルにも見舞われましたが、日々の仕事が新たな市場を創り出す面白さに満ちていました。

まだ誰もやっていない新たな事業を自分の手で創っていく過程には、まさにビジネスの醍醐味が詰まっています。こうした現場での経験が、今のサービスの貴重な土台となっていますね。

企業のビジネスプロデュースを行う上で大切にしている考えは何ですか。

当社のコンサルティングは、私自身がビジネスプロデューサーであったことから、実践にもとづく現場主義に立っていることが大きいと思います。

ビジネスプロデュースは新規事業創造が主眼となりますから、おのずと様々な障害に直面します。そのときにどのように壁を乗り越え、目指すべき事業創造を実現するか。ハードルを乗り越える一つひとつの作業が企業にとってのノウハウとなり、成長へのエンジンとなるわけです。私自身が現場を通じて培った経験と実績が、ノウハウの構築にとって大きな力になっていると自負しています。

最後に今後のビジョンを教えてください。

新たな市場開拓や新規事業を創造した経験がなく、そうしたマインドを持った人材が社内にいない――。そんなときに、当社のFBPコンサルティングサービスが必ずお役に立てます。
日本人の中にあるビジネスプロデューサーとしてのDNAを再び活性化させ、多くの若い人材が現れ、育っていってほしい。ユニークな技術や特徴を保有する日本の中堅・中小企業が、持続的に成長するための仕組みづくりを、独自のコンサルティングノウハウによって支援したいと思います。その活動を通じて、日本経済の活性化に貢献していきたいですね。

ページトップに戻る