SERVICE

成長戦略コンサルティング

FBPが選ばれる理由

実務経験に裏打ちされたコンサルティング

FBP コンサルタントは、実際に国内・海外においてさまざまなま新規事業展開、事業経営の現場を経験してきたプロフェッショナルです。
FBPが創業時から提供してきたサービスに、「FBP成長戦略プロデュース」があり、コンサルタントの枠を超えて、プロジェクト当事者として常に実務に携わってきました。お客様と同じ目線で、ハンズオンによってプロジェクトを支援するスタイルを有しているのが、一般的なコンサルティング会社(※下記)と一線を画すところです。
これまで培った知見・ノウハウを体系化し、経験に基づく現場力とセンス(勘どころ)を効果的に融合。知識と理論に現場での実践力を加え、国内外の幅広いビジネスネットワークを活用しながら、FBP独自の「成長戦略コンサルティング」を提供しています。

新規事業展開事業経営の
経験知見ノウハウ

一般的なコンサルティングに潜むリスク

一般的な戦略コンサルティングでは、戦略策定のプロ(コンサルタント)に高いフィーを払ってすべてを任せるというケースが多く見受けられます。しかしながら本当にそれでよいのでしょうか。そこには、いくつかのリスクが潜んでいます。

  • そのコンサルタントの製品・技術・サービスや市場・業界の知識は、長年本業を営んでいる御社自身に勝ることはほとんど不可能でしょう。つまり実際には、御社以上に戦略立案を行うのにふさわしい人も企業もないのです。
  • また、そのコンサルタントには、ビジネスの実務経験はあるのでしょうか。ビジネススクールを卒業したことは実務経験とは言えません。他のクライアントでのコンサルティングの経験も、実務経験とはいえないものです。
  • ビジネススクールではさまざまなツールやフレームワークを学び、多くのケースに触れてきているかもしれませんが、いま目の前にある課題と全く同じケースは決して存在しません。
  • 結果として、クライアント社内外の関係者にヒアリングした内容をまとめただけの成果物を「戦略」と称し、流行のビジネス用語を羅列した見せかけだけの「戦略」が提言されることがよくあります。特に目新しさはない…、また実際に運用するのは不可能だった…とはよく聞く話です。

Point

「FBP成長戦略コンサルティング」では、顧客がこのようなジレンマに陥らないよう、社内に確固とした事業開発の仕組みをつくり、PDCAを回すことができるようになるコンサルティングを提供しています。

ページトップに戻る